猫の写真を載せています♪ ※無断転載禁止です!!※
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぴーすけの写真
2013年04月21日 (日) | 編集 |
s-DSCF0032_20130421092856.jpg
2012年2月のぴーすけ。写真うつりが悪く、よく目つきが悪いタイミングになる。


s-IMG_2622_20130421093215.jpg
今年の1月のぴーすけ。可愛い。


s-IMG_2871.jpg
3月18日撮影。痩せちゃってます。


s-IMG_2824.jpg
s-IMG_2825_20130421094607.jpg
3月13日撮影。この時も頭ナデナデいっぱいした。


s-IMG_2864.jpg
3月17撮影。


s-IMG_2819.jpg
3月13日撮影。姫子より小さく見える。ぴーすけが先に載っていて、姫子が後から侵入。
ぴーすけはグレ子や姫子が先に乗っていると遠慮して乗らない。
最初に乗りたそうな顔で見上げてきてからおずおずと乗ってくる。
姫子が載っていてぴーすけが乗りたそうにしている時に姫子を優しくおろしてぴーすけを乗せたことがある。
ぴーすけが具合が悪くて痩せていたから。
乗せてあげてよかった。
姫子はいつも乗ってくるし、どけられても他のお気に入りの場所に行って遊んだから大丈夫。

それにしても、もっと早くに気づけばなぁ。
急にトイレ以外におしっこしだした時は、なんで今頃マーキング??
って思っちゃったんだよね・・・。
病院行ったほうがいいかなってちらっと思ったのに、
水もいっぱい飲んでるし餌も食べてるから大丈夫って思っちゃって、
水をいっぱい飲み過ぎるのが腎臓が悪いサインだったとは・・・。
具合が悪いぞという合図があったのに全部見逃してしまったんだよ。
白の時の経験のおかげで病院で死なせずに済んだのだけが救い。
しかし、姫子とグレ子にはぴーすけの分まで長生きして欲しい。
ああー、それにしても数日前まで医者から言われた心臓病の錠剤を飲ませてたのも悔やまれる。
飲むの嫌がってたのに、亡くなるなら嫌な思いさせてまで飲ませなければよかった。
抗生物質みたいな飲み薬も丸まっているところや寝ているところを狙って捕まえて飲ませてたのだよ・・・・。
全然効かなかったじゃないかーーー!!
いや、医者も助手もとっても感じのいい人たちで治そうと思ってやってくれたのはわかるんだけどさ。

ぴーすけはいろいろあったけど頑張ったよ。
原因不明で脚を悪くしてあまり動かなくなった時もあれば(医者によって診断が違った。3件目で治った)目が濁って目薬4種類をさすように言われたり(結局治らなかった)
あちこち悪くなっちゃって、大変だったろうに頑張った。
何故か目はいろんな目薬試されてもうかわいそうだからやめようとやめてから良くなったり悪くなったりだった。
網戸越しにほかの猫を見てパニックになり私の足に爪を刺した跡がまだあるのが不思議な感じだ。
(ちなみに母もやられて跡がある)
思えばちゃねこは大丈夫だったのに、茶猫以外の茶トラ猫には怒ったりパニックになったりしていた。
顔の区別がつくんだなぁとびっくりしたよ。
山形に来てからも家の前を通る野良猫にはパニックになるが同居のグレ子や姫子と一緒の空間にいるのは平気だった。
やっぱり猫にも好き嫌いがあるんだなぁと思ったよ。
スポンサーサイト

ぴーすけ
2013年04月07日 (日) | 編集 |
腎不全が判明したぴーすけですが
数日間の入院→通院による点滴と食事療法→ほとんど食べれず吐くようになる→再び入院1日目でよろよろ→2日目に会いに行ったら寝たきりになっていたので、もう見込みがないのか自分から医者に聞いて、結果家に連れて帰りました。
(しろの時は病院で死なせてしまったので今回は自分から聞いた)
家族交代でつきっきりで見守り、3月27日に息を引き取りました。

9月1日はぴーすけの誕生日(家族で勝手に決めた)で、
病気がわかった時、せめて次の誕生日までは生きていて欲しいと私の母が言っていたせいか、
午後9時1分に息を引き取りました。

私の結婚式の時は、心配だけど動物病院に入院させようと前々から話していて、
でも、そのあいだに死んでしまったら誰にも看取られないと思って、なんとか良くなってもっと生きて欲しいと思っていたけど、二度目の入院から帰ってきたときは凄くやせ細っているし全く動けずに苦しそうで医者の言うとおり助からないのが素人にもわかり、息を引き取った日は特に苦しそうだったので、母は安楽死という言葉が頭をよぎったと言いました。
私は病院じゃなくて家で死なせたいと言って見守っていたのですが咳が酷かったので、母に「私が見ているから休んでいなさい」
と言われ二階で休んでいたら母が私を呼ぶ声がして、
そのあと隣の部屋にいた父も呼ばれ、弟は夜勤でいなかったのですが、
家族三人で看取る事ができました。
次の日に火葬してもらいました。お骨は私が今まで住んでいた、両親と弟が住んでいる家に置いてあります。
私は30日に結婚式をあげて今はアパート暮らしをしているので、ぴーすけは死んじゃうし両親と弟とグレ子と姫子と離れて既に寂しいです。
と言ってもなんだかんだ用事で何度も行っているのですが、
もうパソコンをしていて膝に乗ってくるってのがないんだなと悲しい。
姫子もグレ子もぴーすけも寒くなってから私の膝に乗っていた。(何故か二階でだけ。一階では乗らない)
ぴーすけが今まで膝に乗らなかったのに突然乗るようになったので、私が結婚して出て行くの知ってるのかな?
なんてのんきなことを思っていて、そのうち具合が悪いとわかって病院に連れて行ったけど、最初はちゃんと治療すればまた体重も元に戻りまだまだ生きると思っていたので膝の上に乗った痩せたぴーすけの写真を笑顔で撮っていた。
具合が凄く悪くなってからはもちろん写真は撮れなかった。
火葬の時はいつも食べていたカリカリとまたたびも一緒に燃やしてもらった。



と、いうわけでした。
普段は普通にしているけど、今は泣きながら書いてます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。