猫の写真を載せています♪ ※無断転載禁止です!!※
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手お礼更新しました。10種類・・・っていうか小説を10個に分けたって言うか・・。
2006年06月30日 (金) | 編集 |
20060630003201.jpg


萌スネの拍手SSお礼アップしたので良かったら読んで下さい。
ところでもう7巻のネタバレしてるそうですよ(゚Д゚)
私は予想とか情報とか一切見たくないので気をつけようと思います。

それはそうと今回アップしたのはボツッたら載せると書いていたろまんがりの絵です。
検索にひっかかると恥ずかしいのでこれからはロマンと呼んでもいいですか。
というわけでロマン絵。
デッサンが酷いです。
いや、時期ネタなので時間がなかったのです。CGだったら直したんだけどねーー、アナログは直しが効かなくて困りますわ。

それとロマンの小説もどき妄想書いてたら日付変わっちゃいました。
需要は無いと思いますが途中までアップします。
あ、先月号ぐらいまでGOLD読んでないと話が通じないと思いますので宜しくです。

それでは↓の「りーどもあ」をクリック★

あ、その前に拍手お礼。

はい。風邪引きました。ははは;;
拍手有難うございます!!
昨日ははんぱじゃなく具合悪くて大変でした。
が、今日はげほげほしながらパソする元気がでました。
鼻水もすごいし喉も激しく痛いけどまぁ風邪薬飲んでますので大丈夫でしょう。


浪漫狩り妄想。

この最後のメダリオンを設置すればおそらくこの遺跡は壊れる。
それだけでなくこの世界も壊れるだろう。
篠原は全てを壊そうと思っていたのにメダリオンを手にためらっていた。
「久しぶりだな、篠原。元気だったか?」
神託を受けた遺跡の案内人の表情が突然変わった。
明るく自信に満ちた笑顔。そしてその声。
二度と見られるはずが、二度と聞けるはずがなかった。
「・・・はや・・・と・・・」
かすれる声でやっとその名を口にする。
「どうした? 篠原。やっと、ここまで来たんじゃないか!!
そのメダリオンを早くそこにはめ込むんだ」
言葉のままに動きかけた時、突然体に衝撃を感じた。
突き飛ばされたとわかった時にはすでに床に倒れてしまっていた。
「篠原少佐!! 那珂川中尉は死んだんです!!」
おぞましくて寒気がする。
信じたくもないが・・・こいつは・・那珂川少尉の記憶を元に隼人を演じている。
笑顔も声も作られたもの。その証拠にガラス玉のような瞳だけはそのままだった。
うつろな瞳。
篠原少佐は親友を求めるあまりそれに気付いていない。
「そうだ。確かに俺は死んだ。だが、戻ってきたんだよ岩槻。けいの体を借りてな」
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。